読書

読書没頭にストレス解消効果がある。本に没頭する方法を解説

悩めるブタさん

読書に没頭したい。

でも、気が散って集中できない…

 

こんな悩みを解決します。

読書に没頭したくても、なかなか集中できないことって多いですよね。

 

この記事では、読書に没頭するための読書方法を解説します。

読書に没頭することでストレス軽減やリラックス効果もあることが、論文によっても証明されています。

 

この記事を読んで、読書に没頭してみて下さい。

 

それでは、始めましょう!

 

↓Sponsored Links

 

読書に没頭するとどうなるの?

悩めるブタさん

読書に没頭するって何かいいことあるの?

 

こんな疑問が生まれると思います。

 

実は、読書って色んな効果があるんです。

この記事では、ストレス解消効果について解説します。

 

ストレス解消効果

読書に没頭することによって、ストレスが解消されます。

 

なぜなら、読書に没頭している時間は、仕事での嫌なことや、子育てでのイライラのストレスを感じることはありませんよね?

 

要するに、読書に没頭している間は、日常から離れられるということです。

 

詳しく解説すると、人はストレスを受けると脳が興奮してネガティブな発想が引き起こされます。

読書に没頭することによって、ストレスから離れて、脳の活動が鎮められて、リラックスできます。

脳ではこんな事が起こっていたんです。

 

イギリスのサセックスにある大学では、たった6分の読書でストレスが68%も解消されることが判明しました。

ストレス軽減に効果があるとされているものは次の通りです。

  • 読書:68%
  • 音楽視聴:61%
  • コーヒータイム;54%
  • 散歩:42%
  • テレビゲーム:21%

「読書」がダントツでストレス軽減に効果があることがわかります。

また、読書と相性のいい「コーヒータイム」も上位に食い込んでいます。

 

つまり、

「コーヒー飲みながら、読書」

これがストレス解消効果抜群ということです。

 

 

 

たった6分でもストレス解消効果はありますが、アメリカのミネソタ大学の研究論文では「30分以上の読書」が推奨されています。

理由は、30分以上の読書をすると没頭状態に入りやすいからです。

 

要するに、

コーヒー飲みながら、30分以上の読書

これが、ストレス解消に最適ということです。

 

この方法なら、明日から実践できますよね!

 

読書に没頭したらストレス解消効果があるということは分かっていただけたと思うので、次は読書に没頭するための読書方法を解説します。

 

読書に没頭するための読書方法

そもそも「没頭する」ってどういうこと?

悩めるブタさん

そもそも「没頭する」ってどういうこと?

【没頭】

1つのことに熱中して、他を顧みないこと

goo国語辞書

 

みなさん日常振り返ってみると、何かに「没頭」することって1日に何分ありますか?

没頭することってあまりないですよね。

 

そもそも没頭するには、誰にも邪魔されない、もしくは邪魔されにくい「環境づくり」が大切です。

 

今回はテーマが「読書」なので、読書に没頭できる環境づくりや読書方法を紹介します。

 

読書時間は寝る前30分がオススメ

没頭すると脳が鎮静化されて、リラックス状態になるので、寝る前の読書は良い睡眠にも繋がります。

少し、照明を暗くして、楽な姿勢で読書をしてみて下さい。

 

朝起きて30分もオススメ

悩めるブタさん

寝る前30分は子供の寝かしつけや仕事の疲れで、読書できないよ〜

 

という方は、朝起きて30分の読書がオススメです。

 

朝読書のいいところは、「読書+コーヒー」のストレス解消最強コンビが使えます。

寝る前にコーヒーを飲むのは、カフェインによる睡眠への影響を考えると抵抗がありますよね。

 

スマホ読書の場合はブルーライトカットメガネがオススメ

最近は、スマホにKindleアプリを入れて読書する人(電子書籍読書派)も増えてきました。

私もスマホにKindleを入れて読書する派です。

 

スマホ読書で気をつけたいのが、ブルーライトです。

 

米ハーバード大学などの研究者たちが2015年に報告した論文で、就寝前にタブレットで読書したグループ紙の本で読書したグループに分けて、入眠するまでの時間や翌朝の目覚めなどについて研究しました。

【結果】

タブレット読書:入眠までの時間が長く、翌朝の目覚めも悪い

紙の本での読書:入眠までの時間が短く、翌朝の目覚めも良い

要するに、ブルーライトを発する機器を寝る前に使用すると睡眠に悪い影響がでる可能性を示唆しています。

 

それでも、スマホやタブレットで読書したいよという方は、ブルーライトカットメガネをオススメします。

 

難敵ブルーライトをカットしてくれる優れものです。

寝る前の読書だけでなく、会社での長時間パソコン作業のときにも使えるので、1つ持っていると重宝します。

 

Kindle Paperwhite

メガネかけるの面倒だよ〜という方には「Kindle Paperwhite」がオススメ。

 

「Kindle Paperwhite」はブルーライト不使用のディスプレイなので、ブルーライトカットのメガネを掛ける必要もなく、目に優しくまさに紙のようなディスプレイが特徴です。

 

スマホ通知はOFF

環境づくりでもう一つ考えないといけないことが、他者からの干渉です。

SNSの通知が来たり、メールが来ることで、読書が中断されるのは、読書に没頭することの妨げになります。

 

読書に没頭する時はスマホの通知はOFFにしましょう。

 

車通勤の方にオススメ聞く読書(Amazon Audible)

通勤は車通勤で通勤中は文字を読めないという方や、文字を読むのが苦手な方は「Amazonオーディブル」がオススメです。

【Amazon Audible】

様々なジャンルの書籍をプロのナレーターが、朗読してくれるサービス

要するに、「聞く読書サービス」です。

耳を使った読書の方が没頭しやすいという人にもおすすめのサービスです。

 

30日間無料で登録ができて、1冊無料で聞けるので、一度試して合わなかったらすぐ解約でOK。

追加料金はかかりません。

\3分で無料登録完了/

Audibleに無料登録する>>

【30日間完全無料】

 

読書に没頭できる本の探し方【Kindle Unlimited】

読書に没頭する読書方法は分かったけど、

悩めるブタさん

どんな本に没頭できるか分からない。

 

こんな疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

 

どんな本に没頭できるかは、人それぞれなので、私にもわかりません。

 

この問題を解決するには、「たくさんの本を試し読みしてみる」しかありません。

 

悩めるブタさん

そんなたくさん本を買って、試し読みするなんて無理!!

お金もいっぱいかかるし、だから読書続かないんだよな…

 

そんな方には「Kindle Unlimited」がおすすめです。

 

【Kindle Unlimited】

200万冊以上の様々なジャンルの本が、月額980円で読み放題。

しかも、最初の30日は無料です。

 

Kindle Unlimitedは、1ヶ月1冊以上本を購入する人はお得です。

1ヶ月何冊ダウンロードしても980円。

読めば読むほどお得に使うことができます。

 

例えば、本が1冊1,000円だとした場合

月に10冊読書する方だと、1ヶ月で9,020円もお得に読書ができるようになります。

\3分で簡単登録/

Kindle Unlimitedに無料登録する>>

【30日間登録完全無料】

 

「Kindle Unlimited」の登録方法を知りたい方は、次の記事を参考にして下さい。

【無料で読書し放題】Kindle Unlimited登録方法を解説Kindle Unlimitedの登録方法を解説しました。1冊に1500円も払えないよ!という方は、Kindle Unlimitedを一度お試しください。登録すれば、本って高いな~買うのどうしようかな~って悩むことから解放されます。...

 

Kindle Unlimitedを使った没頭する本の探し方のポイント

Kindle Unlimitedを使って没頭するための本の探し方のポイントは、

少しでも面白くないなと思ったら違う本を探すということです。

 

ワクワクブタさん

これ続きどうなるんだろう!?

早く読みたくてたまらない!!

 

こんな感情になる本に出会えることができれば、読書に没頭することができます。

 

金額の心配をせずにどんどんダウンロードして、色んな本に触れ合える「Kindle Unlimited」一度試してみて下さい。

 

\3分で簡単登録/

Kindle Unlimitedに無料登録する>>

【30日間登録完全無料】

 

まとめ|読書没頭にストレス解消効果がある。本に没頭する方法を解説

読書に没頭するとストレス解消効果があります。

仕事でのストレスやもやもやが多い生活でも、読書に没頭することで、少しでもあなたのストレスが解消されればと思います。

読書に没頭するためには、環境づくりが大切です。

読書に没頭するために環境を整えて、没頭できる本を探し出して、読書をする。

これであなたのストレスが少しでも解消できることを願っています。

 

では。

 

↓Sponsored Links

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村