仕事

転職エージェントと転職サイトの違いは??特徴を徹底比較

 

悩めるブタさん

転職エージェントって聞いたことあるけど、どんなものかわからないから使うの怖いな〜

 

安心して下さい。

転職エージェントは、転職初心者にこそオススメの転職サービスです。

 

求人を紹介してくれるだけでなく、選考のサポートもしてくれます。

その上、求職者は無料で使用することができます。

 

似たようなサービスで、転職サイトも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

今回は、転職エージェントと転職サイトの違いを紹介して、初心者こそ転職エージェントをオススメする理由まで解説します。

 

\5分で簡単登録/

>>リクルートエージェント

リクルートエージェント【公式】ホームページに移動します

【登録完全無料

 

それでは、始めましょう!!

 

↓Sponsored Links

 

転職エージェントとは?

転職エージェントの流れは次の図のようなものです。

転職エージェントは、求職者と企業の間に入る仲介者。

求職者には求人紹介や選考のためのアドバイスをし、企業には企業が求める人材を紹介する。

それが、転職エージェントです。

 

企業側が転職エージェントを使う時は、例えば、「営業部の部長の役職につけるような人材がほしい」といったように、こういった人に入職してほしいという理想像を求めて転職エージェントに依頼します。

当然、コストも高い傾向にあります。

 

転職サイトとは?

転職サイトの流れは次の図のようなものです。

転職サイト、転職エージェントのように、求職者と企業の間に入ることは同じですが、求職者が企業に直接応募します。

また、基本的には転職サイトからの選考支援はありません。

あくまで、求職者と企業が出会うきっかけを作る場所が転職サイトです。

 

企業が転職サイトを使う時は、「未経験者でもOK」とか「多くの人を採用したい」そんな時に使います。

コストは転職エージェントよりも低い傾向にあります。

 

転職エージェントと転職サイトの違いを比較

ここからは具体的に、転職エージェントと転職サイトの違いを比較していきます。

比較する内容は次のとおりです。

  • 求人内容
  • 求人の数
  • 企業側のコスト
  • 求職者の情報収集のしやすさ
  • サポート
  • 交渉

 

 

求人内容の違い

転職エージェント:厳選された求人が多い

転職サイト:質の悪い求人もある

転職エージェントは「とりあえず求人出しておこうか〜」みたいな求人はほぼありません。

企業側もこういった人がほしいという求人を希望する時に転職エージェントを使用します。

 

そうなると当然、転職エージェントに出ている求人は厳選された質の高い求人ということになります。

 

 

一方、転職サイトは少しのコストをかければ、求人を掲載することができます。

採用にコストをあまりかけれない会社、多くの人を採用したい会社が転職サイトを使用します。

 

低コストで求人を出せるので、質が悪い求人もあるのが現状です。

 

求人の数

転職エージェント:少ない(非公開求人あり)

転職サイト:多い

転職エージェントの求人数は転職サイトと比べると少ないです。

しかし、転職エージェントは求人数が少なくても、転職サイトには掲載されていない求人(非公開求人)があります。

 

その理由は、世の中には非公開にしたまま採用したいという思いが企業にあるからです。

転職サイトは誰でも多くの人が求人を見ることができます。

それは、競合他社にも求人がみられるということです。

そうするとライバル会社にこんな人材が不足しているという情報が流出する可能性があります。

情報が流出する可能性を嫌って、非公開にしたまま、転職エージェントにこういった人材が必要と依頼するため、非公開求人があるということです。

 

企業側のコスト

転職エージェント:コストが高い

転職サイト:コストが低い

先程から何度か書いていますが、転職エージェントは企業側のコストが高く、転職サイトは企業側のコストは低い傾向にあります。

 

転職エージェントは、企業にとってほしい人材を見つけてきてくれるサービス。

一方、転職サイトは、サイトに求人を掲載してもらって、応募されるのを待つサービス。

 

企業にとって、欲しい人材を連れてくる転職エージェントはコストが高くなるのは想像がつきますよね。

  

求職者の情報収集のしやすさ

転職エージェント:エージェントが求職者に案件を提案する

転職サイト:全て自分で探す

転職エージェントに、あなたが登録するとまず、転職エージェントと面談を行い、希望や企業との相性を考慮して、転職エージェントがあなたに合った求人案件を紹介してくれます。

 

一方、転職サイトは全て自分で探す必要があります。

「未経験者歓迎」「幹部候補」とか似たような求人が並んでいるので、結局どれが自分に合っているかわからーん!!ってなります。

 

サポート

転職エージェント:様々なサポート体制がある

転職サイト:ほぼなし

転職エージェントのサポート体制を解説します。

選考書類の添削をしてくれる

職務経歴書の書き方を教えてくれたり、アドバイスをくれたり、添削をしてくれます。

他にも、転職エージェントによるかも知れませんが、転職エージェントのフォーマットで職務経歴書を一度書いておけば、複数応募してもその職務経歴書を使いまわしてくれます。

複数応募していく内に職務経歴書がより良いものになっていきます。

 

面接対策をしてくれる

面接のデモンストレーションをしてくれたり、想定問答を一緒に考えたりしてくれるエージェントもあります。

他にも、面接当日同行してくれたり、面接寸前までアドバイスをくれたりします。

 

何かわからないことがあれば、すぐ聞けるという安心感

何より、わからないことや迷った時に親身に相談に乗ってくれる存在がいるだけで、サポートされてますよね。

 

交渉

求職者からしたら、入社するかも知れない企業に交渉するのって結構ハードル高いですよね?

企業に言いづらいことも、転職エージェントには言いやすい場面があります。

面接の日程調整

在職中だと、勤務もあるので面接の日程調整が難しいときもあります。

転職サイトから応募すると日程調整も全てあなたがしなければいけません。

企業と直接日程調整すると、企業がこの日しかだめと言われた時に断りにくいですよね。

その点、転職エージェントは求職者と企業側の間に立って日程調整するので、求職者が日程調整で、ヤキモキすることはなくなります。

 

年収の交渉

求職者から直接年収アップの交渉するというのは、ハードルが高いですよね。

変なこと言って内定取り消しになったらとか思いますよね。

こういった交渉はエージェントを通して行うとやりやすくなります。

 

【結論】初心者こそ転職エージェントがオススメ

転職エージェントと転職サイトの違いを解説しました。

 

ここまで読まれた方は、転職エージェントを使った転職もありかなと感じてもらえたのではないでしょうか?

 

転職エージェントは、あなたの転職を身近でサポートしてくれる存在です。

転職エージェントもあなたが採用されないと報酬を得ることができないので、全力でサポートしてくれます。

 

そんな転職エージェントもとりあえず入職させて、報酬をもらおうみたいな悪徳な転職エージェントもいるのが現状です。

 

その点、「リクルート」が運営する「リクルートエージェント」は信頼できる転職エージェントです。

私も一度利用して転職活動に成功することができました。

\5分で簡単登録/

>>リクルートエージェント

リクルートエージェント【公式】ホームページに移動します

【登録完全無料

今の自分の市場価値を知るためにも転職エージェントと一度面談して、他者の評価を聞いてみるだけでも価値があると思います。

 

上手く転職エージェントを利用してみましょう。

 

では。

 

↓Sponsored Links