ブログ

Rich Table of Contentsの設定方法について

 

WordPressのプラグインである
Rich Table of Contentsの設定方法を解説します。

 

その他のプラグインについては次の記事をどうぞ。

有料テーマ【JIN】最初に入れるべきオススメのプラグイン7選WordPressでJINを導入した方に最初に入れるべきプラグインを7つご紹介します。参考になればと思います。...

  

不安なブタさん

簡単で見やすい、目次を作りたいけどいい方法ないか知りたい。

不安なブタさんみたいに、簡単で見やすい目次を作る方法を知りたい方は、Rich Table of Contentsというプラグインを使って、目次を作ってみましょう。

それでは導入方法の解説スタートです。

 

↓Sponsored Links

 

Rich Table of Contentsとは?

Rich Table of Contents(略してRTOC)は簡単に目次を作ることができる、プラグインになります。

当ブログでも採用しています。こんな感じで表示されます。

これを難しいコードなんかで作りこむことなく、見出しをつけていくだけで、目次にしてくれるというすぐれものです。

 

Rich Table of Contentsの設定方法

設定方法を簡単に説明すると以下の通りです。

  1. Rich Table of ContentsをWordPressにインストール
  2. Rich Table of Contentsの設定

非常にシンプルですね。順番に解説します。

 

Rich Table of Contentsをインストール

WordPressにプラグインをインストールする方法が分からないという方は次の記事を確認してください。

プラグインを導入する方法プラグインを導入する方法を解説しました。 初心者様でも同じようにするだけで設定が完了します。 インストール方法自体は簡単ですので、実践してみてください。...

上記の方法でRich Table of Contentsインストールし、有効化して下さい。

 

Rich Table of Contentsの設定

インストールし、有効化すると「RTOC設定」とサイドバーに出てくるので、クリックする。

 

ここからRTOCの設定を変更してきます。

右側の「Live Preview」は下にスクロールしてもついてきますので、設定を変更してどこが変わったか確認してみましょう。

左側で基本設定を行います。

  • 目次のタイトル:「目次」としています。デフォルトは「Contents」です。
  • 目次を表示させるページ:「投稿」のみにしています。
  • 表示させる見出し設定:「H3まで表示」と設定しています。
  • 表示条件:見出しが「3」個から表示と設定しています。
    3と設定すると見出しが2個だと目次は表示されません。
  • フォント設定:「デフォルト」にしています。

参考までに私の設定を表記させていただきました。

右側の「Live Preview」を見ながら設定を楽しみながらやってみてください。

 

デザイン設定」も右側を見ながら変更してみてください。

 

私は「プリセットカラー」を「スマート」に設定しています。

 

応用設定」ですが、四角で囲った部分は、設定を「ON」にすると「目次へ戻るボタン」が追加されます。

これはスマートフォンでのみ表示されます。パソコンでは使用できない機能です。

下にスクロールしても画面の角に目次に戻るボタン」が表示されとても便利です。

こんな感じです。

 

最後にもしかすると一番大事かもしれませんが、変更を保存」をクリックしましょう。

色々悩んで設定したデザインがこれを押さないと消えてなくなります。

 

これで設定が終わりです。

お疲れさまでした。

 

注意点

ここで私少しつまづいたポイントを紹介します。

公開しないと目次が表示されない」ということです

記事を書いている最中や、書いている記事をプレビューで確認しても出てきません。

でも、安心してください。

記事を公開すれば、目次は表示されます。

 

便利設定(サイドバー追尾)

先程も、書いたとおり、スマートフォンには「目次に戻る」という便利機能がついています。

しかし、パソコンにはついていません。

同じ機能ではないですが、似た機能として、「サイドバー追尾」に目次を設定する事ができます。

これを設定すると下にスクロールしてもサイドバーに目次が表示されたままになります。

設定方法は次のとおりです。

RTOC設定」の「ショートコードタブ」の四角でかこった部分をコピーします。

 

サイドバーの「外観」、次に「ウィジェット」をクリックします。

 

カスタムHTML」をクリックします。

 

サイドバー追尾【PC】」、次に「ウィジェットを追加」をクリックします。

 

サイドバー追尾【PC】カスタムHTMLが追加されます。

タイトルに目次(好きな言葉でOK)、内容に先程コピーしたショートコードを貼り付けます。

完了」、「保存」とクリックしてください。

これで設定完了です。

サイドバーがこんな感じの見た目に変わります。

スクロールして下の方に来てもサイドバーの目次が追尾しています。

まとめ

Rich Table of Contents設定のまとめです。

  1. Rich Table of ContentsをWordPressにインストール
  2. Rich Table of Contentsの設定

みなさんもRich Table of Contentsを導入して簡単でスタイリッシュな目次を作りましょう。

他にもオススメのプラグインがありますので、下記の記事を参考にしてみてください。

有料テーマ【JIN】最初に入れるべきオススメのプラグイン7選WordPressでJINを導入した方に最初に入れるべきプラグインを7つご紹介します。参考になればと思います。...

では。

↓Sponsored Links