読書

【何回返品できるの?】Audibleの返品方法と注意点を解説

 

悩めるブタさん

Audibleの返品方法が分からない。

Audible登録前に返品方法を知っておきたい。

 

こんな人の悩みを解決します。

 

AudibleはAmazonが提供するオーディオブックサービスです。

いわゆる『聴く読書』です。

 

▼Audibleの詳細を確認したい方はこちら▼

【どんな人が向いているか】Audible(オーディブル)のメリット・デメリットを解説Audible(聴く読書)のメリット・デメリットを解説し、それを踏まえた上でどんな人に向いているかを解説しました。無料で1冊本がもらえる方法も解説しているので、確認してみて下さい。...

 

Audibleの良いサービスの1つに「返品サービス」があります。

今回はこの返品サービスについて解説します。

Audibleの返品サービスは基本、回数制限は有りませんが、返品する際に少し注意しないといけません。

この記事では、Audibleの返品方法、返品時の注意点を解説します。

 

本記事の内容
  • 返品サービスとは?
  • 返品できる人の条件
  • 返品方法
  • 返品時の注意点

 

それでは、始めましょう!

 

↓Sponsored Links

 

Audibleの返品サービスとは?

Audibleの返品サービスは、コインやクレジットカードで買ったAudibleを返品できるサービスです。

【コインで購入した場合】

Audibleアカウントにコインが返ってくる

 

【クレジットカードで購入した場合】

クレジットカード会社に返金されます。※少し時間がかかります。

 

通常、紙で購入した本では、本があなたに合わなければ、交換ってできませんが、Audibleなら返品することが可能です。

 

Audibleで返品できる人の条件

返品できる人の条件は以下の2つです。

  • Audible会員であること
  • Audible購入後365日以内であること

 

Audible会員であること

返品サービスは、Audibleの会員限定サービスです。

もちろん、30日間の無料お試し期間でも、会員であることに変わりないので、返品サービスは利用できます。

 

Audible購入後365日以内であるということ

Audibleはコインで購入するか、クレジットカードで単品購入するかのどちらかで購入することになります。

どちらの場合であっても購入後365日以内が返品期限となります。

 

Audibleの返品方法

Audibleの返品の方法は以下の手順となります。

  • Audibleサイトにアクセスする
  • アカウントサービスを選択
  • 購入履歴(返品)を選択
  • 返品理由を選択
  • 返品ボタンを押すと返品完了

 

Audibleサイトにアクセス

>>Audible公式ホームページにアクセスする

左上のメニューを押します。

 

アカウントサービスを選択する

メニューの中のアカウントサービスを選択します。

 

購入履歴(返品)を選択

アカウントサービスの中の購入履歴(返品)を選択します。

「返品する」を押します

「返品する」を押します。

 

返品理由を選択

返品理由を選択して、返品するを押します。

 

返品完了

返品・返金合計が「1コイン」となっていれば、返品完了です。

念の為、ホームに戻って右上のコインが返金されて増えているか確認しましょう。

 

Audible返品時の注意点

Audibleで返品する前に注意したい項目を解説します。

 

返品回数制限は基本的にはない

Audibleは読み放題のサービスではありませんが、基本的に返品回数制限は有りません。

ただし、返品サービスというのは以下のように定義されています。

”当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。

本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立て下さい。

短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

Audible公式から引用

 

このように、読み放題のサービスではなく、返品はあくまで購入に対するサポート特典なので、返品も常識の範囲内で実施しましょう。

 

返品回数が多くなると返品不可と表示される

返品回数が多くなると、今までできていた返品が「返品不可」と表示されるようになります。

多くの場合8〜10回返品すると返品不可が表示されるようです。

※数回の返品で返品不可と表示されることもあります。

 

カスタマーサービスに連絡すると返品対応してくれる

「返品不可」と表示されたとしてもカスタマーサービスに連絡すると返品対応してくれます。

「返品不可」と表示が出た場合は依頼してみて下さい。

>>Audibleカスタマーサービス返品依頼する

 

まとめ|【何回返品できるの?】Audibleの返品方法と注意点を解説

Audibleの返品方法について解説しました。

Audibleの返品は基本回数制限はありません。

ただし、Audibleは読み放題サービスではないので、常識の範囲内で返品するようにしましょう。

 

▼返品方法は分かったし登録してみようって方はこちら▼

\3分で簡単登録/

>>Audibleを無料登録する

※ボタンを押すAudible 公式ホームページに移動します

※30日間無料。30日以内に解約すると一切料金は発生しません。

では。

↓Sponsored Links

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ