ブログ

【ConoHaWING】WordPressブログを立ち上げる方法

悩めるブタさん

レンタルサーバーを借りてWordpressブログを作りたいけど、やり方がわからない。

こんな悩みを解決します。

 

実は、この記事で紹介する「Wordpressの立ち上げ方」の手順の通りにすると、約30分でWordPressを立ち上げることができます。

 

なぜなら、初心者の私でも調べながら30分で立ち上げることができたからです。

 

この記事では、レンタルサーバー(ConoHa WING)を契約する方法、設定方法、などを紹介します。

記事を読みながら、手順通りに最後まで設定すれば、WordPressですぐに記事を書くことできます。

それでは、始めましょう。

レンタルサーバーでWordPressブログを立ち上げるまでの流れ

レンタルサーバー契約

WordPressインストール

WordPressブログ完成

簡単な流れはこんな感じです。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーというのは、インターネット上の土地のようなもの。

WordPressブログが土地の上に建つ、戸建ての家とイメージしてください。

要するに、レンタルサーバーという土地の上に、WordPressという一戸建ての家を建てるようなもの。

今回は、ConoHa WINGというレンタルサーバーを使用してブログを立ち上げます。

ConoHaWINGとは?

  • 国内最速サーバー
  • 初期費用0円
  • ドメインが1つ永久無料
  • 最低利用期間なし
  • 独自SSL無料
  • 提供している会社が超大手(GMO)

 

初期費用がかからず、月額利用料のみ。月額利用料も他社とほぼ同じ料金。しかも表示速度が早い。

運用歴が浅い。

サービス開始が2018年9月からなので、有名なエックスサーバーが老舗、ConoHaが新参者というイメージ。

でも、母体であるGMOは1991年設立の大会社なので、そこまでデメリットではない。

 

最近では、表示速度が早いことからConoHa WINGに乗り換える有名ブロガーさんも多くなってきています。

 

WordPressとは?

ブログの分野でよく知られているのは、無料ブログと言われるものです。

 

例を挙げると

  • Ameba Blog
  • はてなブログ
  • ライブドアブログ

などです。

 

無料ブログは、賃貸住宅のようなものですね。土地は自分のものではなく借りている状態です。

 

大家さんから、立ち退いてくださいと言われれば、出ていかないといけません。

 

無料ブログも同じで、運営者側からサービスを終了しますとなれば、ブログまるごとなくなってしまう可能性もありますし、規約違反があれば利用停止になる可能性もあります。

 

それに比べて、WordPressは基本的には自分のものなので、出ていってくださいとか、規約違反なんかもありません。

 

しっかり取り組んでいくならWordPressブログ一択です。

 

今回はレンタルサーバー(ConoHa WING)でWordPressブログを立ち上げる方法を解説します。

ConoHaWINGでWordPressブログを立ち上げる手順

ConoHa WINGでWordPressを立ち上げる手順を解説します。

ConoHa WING公式ページにアクセスして、記事の通り進んでいけば、WordPressの立ち上げが完了します。 

下のボタンを押してConoHa WINGお申し込みページに移動してください。

 

 

レンタルサーバー(ConoHaWING)契約

それでは、早速申し込み方法を解説します。

 

ここからブログ解説まで30分以内で完了します。

 

この記事を見ながら、ゆっくりやってみてください。

ConoHaWING公式ページ(リンク)を表示させたら、「今すぐお申し込み」をクリックします。

 

この記事を見られている方は、始めてレンタルサーバーを契約される方だと思うので、左の「初めてご利用の方」の項目を入力します。

登録するメールアドレスを入力(確認用にも同じメールアドレスを入力します)

パスワードを入力(英大文字、英小文字、数字を組み合わせて9〜70文字で設定)

③「次へ」をクリック

今後ConoHaWINGにログインする時に必要ですので、メモして保管しておきましょう。

 

①料金タイプ

WINGパック」を選ぶ。(デフォルトのままでOK)

 

②契約期間

自分が契約したい期間を選びましょう。

契約期間が長いほど月々の料金は安くなります。

2021年4月5日までに契約すると、キャンペーンで12ヶ月以上の契約で5%割引されます。

オススメは12ヶ月です。絶対3年続けるんだという方は36ヶ月が一番安く契約できます。

 

③プラン

ベーシック」を選ぶ。個人ブログの場合はベーシックで充分です。

 

④初期ドメイン

ほぼ使わないので、お好きな文字列で構いません。

私は、ブログのサイト名を入力しました。

 

⑤サーバー名

特に、こだわりがなければ、そのままでOKです。

 

 

かんたんセットアップ

下にスクロールすると「WordPressかんたんセットアップ」という項目があります。

①WordPressかんたんセットアップ

利用する」を選択。

WordPressかんたんセットアップを使うと簡単にWordPressブログを作ることができます。

 

②WordPressかんたんセットアップ内容

作成サイト名:ブログのタイトルを入力(後から変更可能)

作成サイト用新規ドメイン:ブログのドメインを決めて入力する(後から変更不可能

【ドメインとは?】

サイトのURLのことです。

 

当ブログのドメインは「bawbeblog.com」です。このドメインを決めます。

基本的には好きな文字列でOKですが、ドメインは早いものがちなので、誰かが使っているドメインは使えません。

「bawbeblog.com」は使えないけど「bawbeblog.jp」は使えるみたいなこともあるので、「検索」を押して色々調べてみましょう。

.com」の部分も好きなものでOK。迷ったらメジャーな「.com」にしとけば間違いなし。

ばうび

ConoHaWINGではドメインを1つプレゼント。

しかも、普通は毎年お金がかかるけど、ConoHaWINGは永久無料なので、ずーっつと無料!!

WordPressユーザー名:WordPressへログインする時のユーザー名を設定

WordPressパスワード:WordPressへログインする時のパスワードを設定

⇒このWordPressユーザー名とパスワードは、WordPressへログインする時に必要になるので、忘れずメモしておきましょう。

 

③WordPressテーマ

WordPressテーマというのは、そのテーマを使うとある程度のデザインをしてくれるというもの。

  • Cocoon:0円
  • SANGO:9,000円(通常料金10,000円)
  • JIN:12,955円(通常料金13,455円)
  • THE SONIC:5,980円(通常料金7,800円)

人気の有料テーマをこの時点で購入すると、通常購入するより安く購入できます。

すでに「このテーマでブログを作ります」と決まっているのであれば、この時点で選んでおけば、安く購入できるので、有料テーマを選ぶのもあり。

 

何も決まっていないのであれば、無料の「Cocoon」でOK。

 

これが無料!?と驚くレベルのテーマです。

「Cocoon」を選んでおいて、後から有料テーマに変更は可能です。

ばうび

私も「Cocoon」を選んで、後で。「JIN」に変更しました。

 

④全て入力が済めば、「次へ」をクリック

 

お客様情報入力

お客様情報を入力していきます。

次の項目を入力します。

  • 種別(個人or法人を選択。個人ブログなら「個人」ですね)
  • 氏名
  • 性別(任意)
  • 生年月日
  • 住所(お住まいの住所を入力)
  • 電話番号(携帯電話番号を入力)

次へ」をクリックして次に進んでください。

 

SMS/電話認証

SMS/電話認証というのは、本人確認のようなものです。

SMS認証の方が簡単ですので、先程入力した電話番号が表示されるので、正しいか確認して「SMS認証」をクリックします。

 

1分ぐらい待つと入力した電話番号宛に、次のようなショートメッセージが届きます。

ConoHa認証コード 7777

 

この認証コードを入力して、「送信」を押します。

 

クレジット情報入力

次は支払い方法の入力です。

支払い方法は「クレジットカード」と「その他」があります。

今回は、クレジットカードの入力方法で解説します。

  • 名義
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード(クレジットカードの裏面に書かれている3桁の数字です)

を入力します。

下にスクロールして、お申し込み内容を確認して「お申し込み」をクリックします。

WordPressブログ完成!!

この画面が出れば完成です。

ばうび

WordPressブログ開設、おめでとう!!

ここまで、30分もかからなかったのではないでしょうか??

次にConoHaWINGのSSL化の設定をします。

ConoHaWINGかんたんSSL化設定

ConoHaWINGにログインしてください。

>>ConoHa WINGにアクセス

ログインをクリックします。

 

ConoHaWINGに登録した時の「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリックします。

 

「サイト管理」

「サイト設定」

「SSL有効化」の順にクリック

ばうび

成功しました。SSL有効化設定」とポップアップが出れば、設定完了です。

これで、SSL有効化完了です。

 

WordPress管理画面にログインする方法

WordPressにログインする方法は

WordPress管理画面URL:取得したドメインに「/wp-admin」をつけたもの

 

例えば、

当ブログは、https://bawbeblog.comに「/wp-admin」をつけた

https://bawbeblog.com/wp-admin」がWordPress管理画面URLです。

ログインURLにアクセスすると、次のような画面になります。

WordPressユーザー名を入力

WordPressパスワードを入力

①も②もWordPressかんたんセットアップで決めた文字列です。

③「ログイン」をクリック

ばうび

この画面でブックマークしておけば、すぐにアクセスできるよ!

よく使うので、ブックマークしておけば便利!

 これでログイン完了です。

お疲れ様でした~

  

ConoHaWINGでよく使う項目の解説

ブログを書く上ではConoHaWINGを操作することはほとんどありません。

しかし、WordPress上で設定変更などしていると次のような画面に出くわすことがあります。

これは、ConoHaWINGWAF設定で対応することができます。

 

この画像が出てきたら、ConoHaWINGのWAFで対策できるということを覚えておきましょう。

 

ばうび

最初、何が原因だったのかわからなくて、めっちゃ悩んだ。。

だから、この画面が出てきたら、「ConoHaWINGのWAFだ!!」って覚えておこう

 

それでは、設定方法の解説です。

 

まず、ConoHaWINGにログインしてください。

 

ログインすると次の画面が出てきます。

①サイト管理

②サイトセキュリティ

③WAF

④利用設定をONからOFF

WAFをOFFにしてからWordPress上の設定変更をしてみてください。

WordPressの設定変更後は必ず、WAFをONにしてください!!

WAFをONにし忘れることがよくあるので、注意して下さい。

 

まとめ|ConoHaWINGを使ってWordPressブログを立ち上げる方法

ConoHaWINGを使ってWordPressブログを立ち上げる方法を解説しました。

 

ConoHaWINGは、表示速度最速、低価格、安心(大手企業のGMOが運営)とメリットが多く、多くの有名ブロガーさんも他のレンタルサーバーから移行してきているレンタルサーバーです。

 

WordPressブログを立ち上げる時は利用してください。

では。